橋の下

汚くても小さくても浅くても
水が動いているのはいいなと思う。
e0196473_21454569.jpg
初めてその道を通ったとき、橋に気付いて覗き込んだら下は線路だった。前にも同じようなことがあった。残念な気持ちになる。別によくあることなのに。

その道に行くチャリで五分十分くらい離れたところで
高い建物も目につくそこにも橋があった。
e0196473_21471277.jpg
どうでもいいやとか思っていたれど、数ヵ月前にお客さまから聞いたことがある話を思い出した。
これがその橋なのか?
e0196473_21443892.jpg
平成どころか昭和じゃないその橋、嘘臭いんすけど、、でもそうなの??
e0196473_21475561.jpg
いつも急いで通るから、あとは暗いときとかでよく見れてなかったけど、やっぱり違うんだなと先日見つけて、自分のどうでもよい「なんで?」が落ち着いた。
e0196473_21481010.jpg
大正ならこんな綺麗なわけないよな、なんてね。
とりあえずスッキリしたら、自分の関心は川とか橋とかではなくって、おかしくね?ってとこだと言うこともわかることができた。
e0196473_21473668.jpg
淀んでいたのかな?そもそも淀ってどんな意味なんだろう?
調べるほど気になるわけでもないから、今まで放置。
せっかくだから、この橋の看板も撮ったのあげとくかな。
e0196473_21450624.jpg
読める?
自分はちゃんと読んでないけど(ぉぃ)

そんなことより(?)こう言うコンクリートで擁壁されてある川を見ると大きくても小さくても気になることがひとつある。

落ちたら(降りたら)上がれるの?

若い頃によく行った飲み屋の前のコンクリートの小さな川、広瀬川だったかな?よくある名前。これ上がるところあるのかな?人のと背ほどだから上がれるだろうけれど……何て話を店のご主人に言ったら、そこにトラ車で降りて遊んで上がれなくて苦労した話を聞いたな、どうやって上がったかより、助走も付けられずでとか焦ったとか、年上の落ち着いた風な兄さんの無茶ぶりに笑えて、でもその時の苦労した事だけが残って、どこから上がるの?を気にしてしまう。

自分が小学生の時に遊んだ用水路より小さな川は、途中からコンクリートの川となった。背の丈ちょいなんだけれど、足掛かりとか所々にあってよじ登れた気がする。
それでも、何もないところもあったり蓋がされちゃうとこに行ってしまうとかでドキドキすることとかあったりね。←戻るんだけどね(笑)

話がそれて懐かしい思い出に浸るお年寄りになりそうになった…
んで、この橋の下の川は、なんと言うのか知らないけれど(調べろよ?汗)、降りてもちゃんと上がれるよ!
e0196473_21463318.jpg
まー落ちたら高いし浅くて怪我しそうだけどね。

橋の下と言えば幼稚園の頃から小学生のいつかなぁ、少し信じてた事がある。出生の秘密ね(笑)
自分は大師橋の下で拾ってきたらしい。
よく言われる冗談なんだけれどね、マジにそうなのかとか思っちゃうのが幼稚な証拠なんだよね(マジだったりして!?)

同時期に、病院の寂しさに嫌気がさしてお産婆さんを探してお産婆さんお家でエアコンなしの猛暑に産まれたとかも聞くと、暑いの好きで熱中症になりかけても気付かないような夏が好き寒いの嫌い加減で行くと、橋の下では拾われてないのかなぁと思う。←そもそも猫じゃあるまいし、ありえねぇね(笑)

そんな自分も、この一年ですっかりエアコン使いに慣れてしまったとさ。

なんかやーね

川遊び水遊びしたいな。

水も使って泥遊びでもいいな。
子供の頃よくやったよな!?(*゚ー゚)

[PR]
by sakanatsuko | 2016-09-10 19:52 | ほかのこと | Comments(0)

魚のこと、釣りのこと、楽しいこと、食いしん坊なんかなな話


by sakanatsuko