久しぶりに

久しぶりな新宿この辺
e0196473_08063847.jpg
目的はこのペア(330+150)
麺は細麺で、アゴが疲れるからね
(そんなことないか)
e0196473_08064715.jpg
値段、隠れてる
プレモルのグラスは冷えてるよ
時々冷え冷えでビールが凍ってることあるよね
e0196473_08065778.jpg
あ、330円じゃなくて
320円だった
十割蕎麦なんだよ
何処の粉かは知らないけれどねー
旨いよ(^^)
e0196473_08071052.jpg
わかめ無理だからって、ゴッソリ(^_^;)
とり天は、おツレさんのをおひとついただき
初めて食べた、胡椒もかかってて
好きかもだ!今度また食べてみよう
e0196473_08072079.jpg
入り口で挽いているんだよね
石臼ぐるぐる

食べたあと、歌舞伎町の一部懐古的なとこ徘徊
見るだけね笑
e0196473_08154427.gif
トイレ借りたとこの通り
謎のオブジェ
イルカに乗ってるのはいい?として
カタツムリ!?謎だー
なんかあんのかな?いわれ

それから、端の方まで来て
あぁ、神社あるよ
とりあえず見る?
て行ってみたらなぜか屋台が!
e0196473_08185985.gif
もちもちなオヤツを買って
おばちゃんに聞いてみたら
お祭りの前夜祭だって
神社の祭事?は土日月だからしいけど
お店屋台は金土日かな?
そんな話だったと思うんだ
毎度、納得すると詳細は直ぐに忘れる
揮発性メモリなさかなっこ脳
あ、忘れん坊将軍だからか
前にも買った性格診断的なの
この200円でチョコ買えばよかったー
e0196473_08232090.gif
金魚すくいかわいい
なんかみんないっぱいとってた
持ち帰りたくないんだよなーとか話してる人たちもいたし
遊ぶだけオッケーみたいなことも書いてた
だから丈夫にしてても取られすぎて困ることないのかな
e0196473_08264416.jpg
金魚もすごいが
お姉さんの爪もすごいと
今アップした画像を見て思った次第
んで
黒出目金かわいいな!

それからぐるーっとまわって駅へ
せっかくだから、思い出横丁も通ろうか?
見るだけだよー(お財布の都合)
それからホームに戻って肉喰いてぇなーとか
スーパー寄ってアイス買って
e0196473_08361881.gif
買い食いして
かぶりついたらワッフルコーンが!
抜けた、少し焦ったけど可笑しいねーで
ちゃんと完食
お家に帰って見たら、手や足がチョコまみれ
ん??なんでそんなところがチョコに??
謎の太腿だった…変なことしてないのになぁ

話が逸れすぎた
と言うか、だらだらと無駄知識的な徘徊
回ったところは、色々と思い出があるところで、焦ったこととか驚いたこととか不思議だよねとかな聞いても特にならない自分の思い出話を聞かされた友達であった
話を聞く方がラクらしいからよかった

で、その辺行ったらやっぱり三平ストアでしょ?
e0196473_08433570.jpg
三平ストアと言ったら
魚でしょ?
ただし鮮魚の方でなく入り口左壁側にあるこれだ!
e0196473_08434520.jpg
こざかな君!
250円くらい、北上のやまやでも売ってるとか?だけどわかんないからこれ買ってった方いいよ!
押し売りしたꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)笑

そして、ちょこちょこ食べてるよ!
e0196473_08435334.jpg
相変わらず
単品をみたら、魚!?て疑問が湧きそうなフォルム
e0196473_08440123.jpg
おっとっととは別物だよ
中身は空洞じゃないし
あられ?米菓子だからね
そしてピリ辛
歯ごたえ良くて止まりませぬ

見かけたら買いだよ!

あ!
朝、早起きしてゴミ捨ても早くして
余裕じゃないかとブログ書いてたら
ギリギリになっちゃったよ!
まずいまずい、支度せねばだ

ほんとは、聞いてもらいたいこと
たくさんあるの!
井の頭動物園の水生生物館のことだって
今更でも見したいしねぇ

とりあえず、またねーっ!

[PR]
Commented by fujiryujin at 2018-06-03 23:55
十割蕎麦が320円とは”安い!”
しかも、石うすで挽いてるんでしょう?
それは絶対お得ですよ(*^_^*)v
Commented by sakanatsuko at 2018-06-04 07:06
> fujiryujinさん
そうなんです、毎日ぐるぐる回ってる石臼が入り口に見えるんです
チェーン店で似たお店が他にもあって
新宿勤めの時はよく食べてました
お得だし美味しいし助かります(^^)
by sakanatsuko | 2018-05-29 08:03 | 食べること | Comments(2)

魚のこと、釣りのこと、楽しいこと、食いしん坊なんかな話


by sakanatsuko